Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

アンティークシルバー カトラリーの魅力

毎日使うフォークやスプーン、そしてナイフは使いやすくて丈夫なものを。でも特別な機会には普段使いのものではなく、アンティークシルバーのカトラリーで優雅な時間を楽しんでみませんか?

手に吸いつくようななめらかな触り心地、白く光る銀の輝きはテーブルを華やかに演出してくれるでしょう。

今回は手にすれば一生ものと呼ばれる、アンティークシルバーのカトラリーについてご紹介します。

カトラリーの歴史

西洋から日本にやって来たカトラリーは、とても古い歴史があるように感じますが実はそうでもありません。

日本では7世紀から箸を使い始めた記録があるのに比べ、中世の時代でもまだ、ヨーロッパではまず大きなナイフで肉を切り、そして手づかみで食事をしていました。ただし、スープのような熱い汁物はスプーンを使用していたことが記されています。

フォークの登場はさらに後で、ヨーロッパで最初にナイフやフォーク、スプーンの使用が人々に広まった場所はルネサンス期のイタリアです。

のちにイタリアからフランスに嫁いだメディチ家出身のカトリーヌ・ド・メディシスが、フィレンツェの優れた料理人をフランス宮廷に迎え入れ、食の発展とともにカトラリーを使う風習を持ち込み、これがヨーロッパ全体へ広がって行くことになりました。

高級品であったカトラリーセット

17世紀になると裕福な人々の人気を集めたカトラリーは、さらに洗練されたかたちへと進化して行きました。富の象徴であり流行でもあった銀製品のカトラリーが、他のテーブルウェアとともにこの時代に誕生しています。

18世紀になるとシルバーのカトラリーには銀細工師によって美しい装飾が施され、よりエレガントなものとなっていきました。カトラリーの持ち手や柄尻に付けられた個々のデザインは「パターン」と呼ばれ、それぞれに名前がついています。

貴族を始めとする上流階級の人々は食卓を華やかに装い、地位と富を示すために銀で作られた贅沢なテーブルウェアを手に入れました。美しいカトラリーや食器は食事の時間をより優雅なものへと導いてくれたのです。

産業革命後のカトラリー

19世紀になり産業革命が起こると、銀メッキの導入と大量生産が可能になったことにより、シルバーのカトラリーは中流階級にも手が届くようになりました。

それらはスターリングシルバーの代わりに銀メッキのもの、あるいは持ち手が象牙や骨などの材料で作られていることも多く、コストが軽減されたために多くの大衆へと広がって行ったのです。

銀メッキの中にも美しいカトラリーがたくさん存在します。特にパターンはより多くの種類が増え、その分選択肢も広がって行きました。

アンティークシルバーのカトラリーを探して

ヨーロッパの上流階級の人々を魅了したシルバーのカトラリーを手に入れたいと思った時に、どのようにしてカトラリーを探し、最初にどれを購入すれば良いのでしょうか。

アンティークシルバーのカトラリーは、スターリングシルバーのもの、作られた時代が古いもの、セットで揃っているもの、重量のあるものが高価になって行きます。

本物が欲しいと思われる方はスターリングシルバーを、気軽にアンティークシルバーのカトラリーを楽しみたい思う方は銀メッキのものから始めてみましょう。

必要となるカトラリーを見つけて


フルコース料理に必要なカトラリーは、主に下記のようになります。

①テーブルナイフ

②テーブルフォーク

③デザート/サイドナイフ

④デザート/サイドフォーク

⑤デザートスプーン

⑥スープスプーン

⑦ティースプーン

これらの他にも、魚料理用のナイフとフォーク、野菜やデザート用のサーバーやトングなど、さまざまな銀製品が存在します。

しかしすべてのカトラリーを一度にそろえるのは大変な事。まずはディナー用かティータイム用、どちらかを決めてみるのがおすすめです。

ディナー用の場合でしたらテーブル用のナイフとフォーク、スープスプーンから。ティータイム用にはデザート用のスプーンとフォーク、ティースプーンで探し、徐々に他のアイテムを増やしていくのが良いでしょう。

セットで購入できない場合

アンティークシルバーのカトラリーを探していて、気に入ったものがセットではなく単品でしか見つからない場合があるかもしれません。

そんな時はカトラリーの持ち手や柄尻のパターンと呼ばれるデザインに注目してください。もしすべてのセットが同一で集まらなくても、こちらのパターンが似ていればカトラリーに統一感が生まれます。

また最初は銀メッキの製品を購入し、そして時間をかけて似たパターンのスターリングシルバーに代えていくという方法もあります。たとえ同じ製品でなくても、調和のとれたテーブルコーディネートになるはずです。

一生もののアンティークシルバーのカトラリー

普段は手早く済ませてしまう事もある、食事の時間やティータイム。でも特別な記念日や誕生日など、大切な人と過ごすひと時にアンティークシルバーのカトラリーを使ってみては如何でしょうか。

エレガントで洗練されたデザイン、白く輝くアンティークシルバーのカトラリーをテーブルに置けば、料理やティータイムをさらに引き立てて、かけがえのない時間を彩ってくれるでしょう。

↓アンティークショップEglantyne(エグランティーヌ)はこちらから↓

Follow me!

最新情報をチェックしよう!
PAGE TOP